注意 現在X(旧Twitter)でのソーシャルログインができない事象を確認しています。事前にX(旧Twitter)側で再ログインした上でconnpassのソーシャルログインを行うか、
「ユーザー名(またはメールアドレス)」と「パスワード」の組み合わせでのログインをお試しください。合わせてFAQもご確認ください。

お知らせ 2024年9月1日よりconnpassサービスサイトへのスクレイピングを禁止とし、利用規約に禁止事項として明記します。
9月1日以降のconnpassの情報取得につきましては イベントサーチAPI の利用をご検討ください。

お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、イベントサーチAPIの提供方法の見直しを決定しました。2024年5月23日(木)より 「企業・法人」「コミュニティ及び個人」向けの2プランを提供開始いたします。ご利用にあたっては利用申請及び審査がございます。詳細はヘルプページをご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jul

20

かごもく #79「脳に収まるコードの書き方」を読む

かごもく #79「脳に収まるコードの書き方」を読む
Registration info

一般

Free

FCFS
4/10

Attendees
pilgrim_reds
もりひー
Tomo Masakura
inoha_naito
View Attendee List
Start Date
2024/07/20(Sat) 13:00 ï½ž 17:00
Registration Period

2024/07/11(Thu) 12:01 〜
2024/07/20(Sat) 17:00まで

Location

GMOペパボ 鹿児島オフィス

鹿児島市上荒田町3番1号

View Map Venue Homepage
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

🧠 かごもく#79「脳に収まるコードの書き方」を読む

かごもくは毎月テーマに沿ってみんなで勉強する勉強会です。

今月は『脳に収まるコードの書き方―複雑さを避け持続可能にするための経験則とテクニック』の読書会です。

O'Reilly Japan - 脳に収まるコードの書き方 から引用です。

ソフトウェアは複雑さを増すばかりですが、人間の脳は限られた複雑さしか扱えません。
ソフトウェアが思い通りに動くようするには、脳に収まり、人間が理解できるコードを書く必要があります。
本書は、拡張を続けても行き詰ることなくコードを書き、複雑さを回避するための実践的な方法を解説します。

書籍は電子版もありますのでなるべく購入の上ご参加ください。

タイムテーブル

時刻 内容
13:00 - 13:10 ごあいさつ
13:05 - 17:00 みんなで読んで議論する

※ 途中参加・退出でも問題ありません。

会場について

会場は GMO ペバポ様の鹿児島オフィスをお借りしています。 会場には駐車場がございません。
車やバイクをご利用の場合は、近隣のコインパーキング等を利用いただくか、公共交通機関をご利用ください。

最寄りの公共交通機関

・市電(路面電車) 中洲電停から徒歩1分
・JR鹿児島中央駅 桜島口(東口)から徒歩10分

かごもく

かごもくでは、勉強会のネタを募集しております。
プログラミングだけでなく、サーバー運用や、デザインでもなんでも! 悩みが解決できるかどうかはわかりませんが、
似たようなことをやっている人と話せるだけでも進歩です!

興味がある方は テーマ申し込みフォーム からお申し込みください。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Ended

2024/07/20(Sat)

13:00
〜 17:00

Registration Period
2024/07/11(Thu) 12:01 〜
2024/07/20(Sat) 17:00

Location

GMOペパボ 鹿児島オフィス

鹿児島市上荒田町3番1号

Attendees(4)

pilgrim_reds

pilgrim_reds

かごもく #79「脳に収まるコードの書き方」を読む に参加を申し込みました!

もりひー

もりひー

かごもく #79「脳に収まるコードの書き方」を読む に参加を申し込みました!

Tomo Masakura

Tomo Masakura

かごもく #79「脳に収まるコードの書き方」を読む に参加を申し込みました!

inoha_naito

inoha_naito

かごもく #79「脳に収まるコードの書き方」を読む に参加を申し込みました!

Attendees (4)